企業の法律トラブルなら今すぐご相談ください。ただの法律家ではなくビジネスパートナーとして真の解決をご提案いたします

事務所の理念

当事務所が大切にする3つのポイント

1迅速な対応と質の高いリーガルサービスの提供

しのぎを削るビジネスの現場では、時間のロスがそのまま利益の損失につながることも、決して少なくありません。求められるのは「スピード化」。同じ距離であれば、走力の高い企業が、最も早くゴールに到達できるのです。

そこで弊法律事務所では、解決提案はもとより、日ごろから行うメールのやりとりなどに関しても、「レスポンスの早さ」を重視しています。また、お打ち合わせの方法も、対面でのお打ち合わせ、電話でのお打ち合わせ、skypeでのお打ち合わせと、状況に応じて使い分けております。ただし、それによって内容がおろそかになってしまっては、意味がありません。当意即妙を原則に、皆さまのお手伝いをいたします。

即日対応一例(内容によってはお時間をいただく場合もございます)

  • お打ち合わせ日程の当日予約を承っております
  • 簡単な契約書であれば、即日作成が可能です
  • トラブル対応の場合、ご相談をいただいた当日に、内容証明郵便の発送等の対応をスタートします
2気軽に相談できるビジネスのパートナー

弁護士というと一般的に「敷居が高い」イメージがあり、「どのように相談すればよいのか」「こんなことで相談してよいのか」など、さまざまに迷われるケースがあるかと思います。我々は、いつでも気軽に声をかけられるような、身近な存在でありたいと考えています。

また、事案に即した的確かつ最良のアドバイスができるよう、法律の改正のみならず、クライアントの業界の最新動向等も日々確認しております。そうすることで、単なる法律家ではなく、法律を熟知したビジネスのパートナーとして、クライアントをサポートすることができます。

良きビジネスパートナーとなるために、心がけていること一例

  • ご依頼者の業種・業態を問いません
  • 「できる・できない」という法的な判断の提供で終わることなく、「どうしたらできるか」をアドバイスすることを重視しています
  • ビジネスの実情を十分に理解した上で、適切なアドバイスをいたします
3トラブルの予防と再発防止策の構築

高度に多様化、複雑化した現代社会では、好むと好まざるとに関わらず、さまざまな法的なトラブルに遭遇することがあります。ところが、企業の多くはトラブルの予防策を取らず、問題が健在化してから弁護士に相談をされるケースが散見されます。

ひとたび紛争化した問題を解決するために要する費用と時間は、未然に予防策を導入する費用と時間と比べると、何十倍に上ることもあります。リーズナブルなコストで、将来の紛争リスクを最小限に抑えるためにも、「予防法務」の導入をお勧めします。仮に係争となった場合には、同じことが再び起こらないよう、根本の原因を改善することが求められるでしょう。

予防法務のメリット一例

  • トラブルの火種を最小限に抑え、失う必要のない利益を守ることができます
  • 法務関連業務をアウトソースすることで、ご依頼者は事業の安定・拡大に専念することが可能です
  • 法務部をすでに組織されている企業さまでも、専門家の視点が加味されることで、より専門性が高まります
メールでのお問い合わせはこちら 法務ノート 税関ノート 人事・法務ノート
メールでのお問い合わせはこちら 法務ノート 税関ノート 人事・法務ノート

最近多いご相談内容