企業の法律トラブルなら今すぐご相談ください。ただの法律家ではなくビジネスパートナーとして真の解決をご提案いたします

2013.05.29更新

今日は、BSA(ザ・ソフトウェア・アライアンス)の加盟企業による民事訴訟の実例をご紹介いたします。
BSA加盟企業による民事訴訟として有名なのが、マイクロソフト、アップル、アドビが大手資格試験予備校の東京リーガルマインド(LEC)に対して、総額約1億1400万円の損害賠償を求めて東京地裁に起こした訴訟です。
報道もされていますので、ご存知の方もいらっしゃると思います。
一審の東京地裁では、原告三社の訴えを認めて、LECに約8500万円の支払いを命じる判決が下されました。
その後、控訴審で、LECと原告3社は和解をしたようです。

このLEC事件の一審判決では重要な判断が示されていますので、改めて詳細な分析を行いますが、まずは、BSAからの警告に誠実に対応しないと訴訟を起こされるという実例として、この裁判例をご紹介いたします。

弊事務所は、BSA等の著作権者やその関連団体から著作権侵害の通知書・警告状・問い合わせを受け取った会社様へのサポート業務、交渉業務を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
詳細は、こちらをご覧ください。

2013.05.16更新

本日の報道によれば、花巻市が、庁内のパソコンにソフトウエアの違法コピー395件があることが見つかり、ソフト開発会社9社に賠償金約2200万円を支払うと発表したそうです。
同市は、2010年5月にソフト開発会社側から違法コピーがあるとの指摘を受け、庁内のパソコン全1487台を調査したところ、ジャストシステムの一太郎、マイクロソフトのOffice、アドビシステムズのアクロバット製品などの違法コピーがあることが分かったそうです。
賠償金はソフトの価格の1・5倍と報道されています。

ソフトウェアの違法コピーが発覚した場合には、権利者から民事上の損害賠償請求や刑事責任の追及(告訴等)をされますが、近年、この手の問題が報道されることが多くなってきました。

弊事務所は、著作権者やBSA(ザ・ソフトウェア・アライアンス)等の権利者の関連団体から著作権侵害の通知書や警告状を受け取った会社様へのサポート業務、BSAとの交渉業務を行っておりますので、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
詳細は、こちらをご覧ください。

メールでのお問い合わせはこちら 法務ノート 税関ノート 人事・法務ノート
メールでのお問い合わせはこちら 法務ノート 税関ノート 人事・法務ノート

最近多いご相談内容