企業の法律トラブルなら今すぐご相談ください。ただの法律家ではなくビジネスパートナーとして真の解決をご提案いたします

2021.10.01更新

新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、2020年4月に緊急事態宣言が発令されて以降、2021年9月までの間、緊急事態宣言等は断続的に行われており、それに伴って、税関の事後調査の実施は全国的に抑制された状況でした。
これは、事後調査が、通常、事業所への訪問を伴っていて、長時間の接触が避けがたいことが予想されたために、税関として感染拡大を抑えるためであったと考えられます。

 

2021年10月から、感染状況が落ち着いて減少傾向になったことや新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種が広がったこと等から、緊急事態宣言等が解除されることになりました。
このような社会状況の変動を踏まえ、私どもに寄せられる相談においても、輸入事後調査の再開を前提とした税関の活動を伺わせる相談が増えてきており、税関が事後調査を再開する兆候を感じ取っていいます。

 

もっとも、新型コロナウイルス感染症の脅威は、未だ収束しているとまではいえないことから、税関として、人との接触機会を減らす形で事後調査を実施できるように各種の工夫を試みていることがあります。
例えば、事前に書類の提出を求めてきたり、調査の日数を限定したりといった工夫です。
こうした手法は、従来の事後調査の場面では、あまり見られなかったものです。

 

とはいえ、事後調査の本質は変わらず、税関の調査の目的や、確認しなければならない内容は従来と同一です。
したがって、事後調査に臨む事業者としても、求められる対応が大きく変わることはありません。従来の事後調査対応と同様に、事前に十分な準備をしておくことが望ましいといえます。事前に書類を提出するとしても、事後調査に臨む際と同様に、しっかりと検討した上で、書類の提出を行うことが肝要です。

 

当事務所では、輸入申告方法の是非の判断業務、税関事後調査への対応業務、輸出入通関に伴う税関・通関業者・取引先とのトラブルへのサポート業務を提供している他、貿易及び輸出入通関に関する様々なご相談に対応させていただいております。ご相談をご希望の場合は、電話又はメールにて、当事務所にお気軽にお問い合わせください。ご相談のお申込みはこちらから行うことも可能です。

2021.10.01更新

輸入を行っている事業者に対して、時折、税関から、会社概況票という書類の提出を求められることがあります。
この会社概況票は、輸入事業者の状況や、輸入に関する取引の状況等を記載するものです。税関は、こうした情報収集を行うことで、輸入事業者の情報を整理して様々な局面で活用しており、事後調査の場面でも活用しています。

 

会社概況票は、税関による一般的な情報収集の一環として行われているものであり、提出を求められたとしても、直ちに事後調査の対象になっていることを意味するものではありません。
しかし、私どもの経験上、会社概況票の提出が事後調査実施の端緒となっていたり、逆に事後調査の対象としていることを前提に会社概況表の提出を求めているのではないかと考えられる事例も経験しているところです。

 

したがって、会社概況票の提出を税関から求められた場合、当該会社概況票の記載が将来の税関の事後調査の際の基礎資料の一つとなることを踏まえ、どのような記載をすることが適切であるのか、慎重な検討をしてから対応することが輸入事業者として望ましい対応といえます。

 

当事務所では、会社概況票の記載や対応等のご相談を含め、輸入申告方法の是非の判断業務、税関事後調査への対応業務、輸出入通関に伴う税関・通関業者・取引先とのトラブルへのサポート業務を提供している他、貿易及び輸出入通関に関する様々なご相談に対応させていただいております。ご相談をご希望の場合は、電話又はメールにて、当事務所にお気軽にお問い合わせください。ご相談のお申込みはこちらから行うことも可能です。

メールでのお問い合わせはこちら 法務ノート 税関ノート 人事・法務ノート
メールでのお問い合わせはこちら 法務ノート 税関ノート 人事・法務ノート

最近多いご相談内容