企業の法律トラブルなら今すぐご相談ください。ただの法律家ではなくビジネスパートナーとして真の解決をご提案いたします

2015.07.22更新

本日も、従業員がうつ病や適応障害などのメンタル不調になった場合に会社としてどう対応すべきか、ご説明していきます。

シリーズ第5回の今回は、会社から従業員に対して、産業医や会社の指定する医師の面談や診察に応じるよう命じることができるかどうかについて、ご説明します。

 

メンタル不調事案では、従業員は体調が回復したので復職できると主張し、同じ内容の主治医の診断書を提出してきたものの、明らかにまだ体調不良に見えるため、会社としては復職を認められないというシチュエーションが良くあります。
このような場合、会社としては、主治医の診断が本当に正しいのか確認するために、会社が指定した別の医師にも診察・面談をしてもらいたいと考えるのが通常です。
では、このような場合に、産業医や会社の指定する医師の面談や診察に応じるよう命じることはできるのでしょうか?

 

まず、就業規則に産業医や会社が指定する専門医への受診命令に関する規定がある場合には、使用者は、当該規定に基づいて、従業員に対して診察を受けるように命じることができます。

では、就業規則に産業医や会社が指定する専門医への受診命令に関する規定がない場合は、どうでしょうか?
この場合でも、一定の合理的な理由がある場合には、使用者が従業員に対して診察を受けるように命じることができると考えてよいでしょう。
実務上も、会社側は、就業規則に規定がない場合であっても、産業医や会社が指定する専門医への受診を命じることは珍しくありません。

----------------------------------
弊事務所は、会社側(使用者側)の立場で労働問題を専門に扱っていますので、労働問題・従業員とのトラブルを抱える会社様は、弊事務所にお気軽にお問い合わせください。
弁護士費用については、こちら

過去の関連記事
従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(1)-私傷病休職制度について-
従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(2)-私傷病と労災の区別-
従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(3)-労災申請への対応-
従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(4)-私傷病休職への入り方-

従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(6)-休職開始後の対応-
従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(7)-復職の可否の判断-
従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(8)-主治医と産業医・指定医の判断が異なる場合の対応-
従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(9)-従業員が主治医の診断書の提出を拒否した場合の対応-
従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(10)-リハビリ出勤-
従業員がメンタル不調になったらどうすればよいか(11)-リハビリ出勤-

メールでのお問い合わせはこちら 法務ノート 税関ノート 人事・法務ノート
メールでのお問い合わせはこちら 法務ノート 税関ノート 人事・法務ノート

最近多いご相談内容